猛暑で犬も大変!!

毎日本当に暑いですね。

最近は、早朝や夜に散歩に出かける人が
増えていますね。

この間、夜8時ごろアスファルトの温度を測ってみたら
40度もありました。(TVでやってました^^)

犬は暑くても、地面が熱くても、
ただ静かに飼い主に従って散歩に出かけます。
(中には嫌がる子もいますが・・・。)

出かける前に一度、アスファルトの地面を
手で触れてみようと思います。

だって、裸足ですものね・・・。


噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?


wankofan at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

子犬のあま咬み

子犬はやたらと人の手などを咬んできます。
歯がとがっているので、とても痛いですよね。

子犬は兄弟同士のじゃれあいの中で、咬んでもよい強さを
学んでいきます。

人の手をじゃれる相手として、咬んでくる子犬の姿は
かなりかわいかったりします。

そして、ついつい、

「歯がかゆいから仕方ないよね。」

と言って、放置する人も中にはいるのではないでしょうか?

あま咬みは本咬みに変化していきます。
というのは、どの強さで咬んでいいのかを学習しないうちに
成長していくのですから、
当然と言えば、当然なのです。

犬は、立派な犬歯を持っています。
本能的に咬むことが備わっています。
全く咬まない犬にすることはまず、不可能なのです。

いつ咬んでもよいのか、
どんな強さで咬んだらいいのか

それを学習する必要があるのです。
兄弟同士で噛み付きあうという行動は
子犬にとってはとても大切なのです。

そして、かわいいからと言ってついつい
あま咬みを許すことは、本咬みにつながるのです。

では、どのようにして止めさせたらよいのか・・・

それはまた今度の記事で詳しく書いてみたいと
思います。






噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?


wankofan at 17:28|Permalinkclip!

ご褒美とは?

あなたが、わんちゃんに与えるご褒美はなんですか?


食べるもの
なでながら「よしよし」と言ってあげること
声をかけてあげること

などなどいろいろあると思います。


では、一番効果的なものって一体なんなのでしょうか?


それは、みんなそれぞれ違うのです。
わんちゃんが喜ぶものが一番のご褒美です。


たとえば、食べることやおやつに興味のないわんちゃんにとっては、
食べるものは大して嬉しくないものですね。


また、なでられることに慣れすぎていて、
そんなに嬉しくないわんちゃんにとってはご褒美にはならない・・・
など・・・。


あなたのわんちゃんにとって一番嬉しいものを探して見てください。







噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?



褒めるタイミングとは?

どのようなタイミングで褒めていいのか分からない・・・


このような方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?


たとえば、


「吠えていた犬が静かになったので褒めた・・・。」


という場合、ここで褒めると、吠えることを褒めたことにならないかな?
・・・と考えることはありませんか?


実は、犬はその直前の行動のあとに起こったことが嬉しいことであれば
その行動を繰り返す、または高めていくのです。


(この場合、褒められることが嬉しいことという前提です。)


たとえば、帰宅したときに、飛びついてきたので、声をかけてなでてあげる。

→飛びつくと嬉しい事がある→帰宅すると飛びつく。


と言うことは、吠えている→静かに座った→なでられた。
と言う場合、静かに座っていることをすれば嬉しい事があると
認識するということなんです。



逆に、ピンポンで吠えているときに、「やめなさい」と声をかけるとどうなりますか?

ピンポンが鳴ったので吠えた→声をかけてもらえた
→吠えると嬉しい事がある→ピンポンが鳴ると吠える


直前の行動を褒めるのが効果的なタイミングなのです。









噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?


wankofan at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

犬のトイレのしつけ

犬のトイレのしつけで苦労する方は結構多いですね。

どうすれば、トイレのしつけはうまくいくのでしょうか。

室内で飼っている場合、家の中で放し飼いにしていると
なかなかトイレのしつけは上手く行きません。


トイレを覚えないうちは、ゲージから出さないようにします。


何時に、ご飯を食べたら、いつぐらいにオシッコをするのか、
一日のタイミングを見計らうことからはじめます。

大抵の人は、この辺りを適当にしてしまうのです。

そろそろかな・・・ぐらいの感じで、トイレに連れて行って、
犬が、遊んで!と言って、吠え始めたり、
ペットシートをビリビリに破き始めたときに、
サークルから出してやるのです。

これでは、いつまでたってもトイレを覚えないですね。

一日の排泄のタイミングをつかんだら、
トイレに連れて行きます。

決して叱らないようにしましょう。

犬は、何のことを叱られているのか分かりません。

なんだか分からないけど、叱られる状況というのは、
とてもストレスがたまります。

犬だけではなく、あなたもストレスがたまります。







噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?



愛犬に愛情を感じなくなっていませんか?

いろんなしつけの本も読んだし、
トレーナーにもお願いしたし、
家族で必死になっているのに。。。


こんなにしつけに取り組んでいるのに、
一向に思う様になってくれない!!


今日もまた、吠えまくっていたり、
あちこちで、おしっこしまくり・・・


「あ〜!もう、こんな言うことを聞かない犬は手放したい!」


毎日毎日、犬の行動で悩まされていると、
こんなことを思ったことがある方は少なくないと思います。


だんだん、可愛くなくなってきた。
愛情をかけられない。
いなくなればいいのに・・・。


でも、犬を責めてばかりいる、そんな自分自身にも嫌気が差してるのでは
ないでしょうか?


その気持ちは本当によくわかります。


そんなときは、愛犬の体にゆっくり触れてみてください。


そして、体温を感じてみてください。
心臓の鼓動も感じると思います。


あなたと同じように、愛犬も呼吸をして
おなじ世界にこうして生きているのです。


しつけは、犬に言うことを聞かせることではありません。


あなたと共に暮らすためのルールを
犬にわかりやすく教えてあげることなのです。







あなたの犬のしつけ、実は間違ってませんか??
どうも、しつけがうまくいかないと思ったら以下をクリック♪
↓↓↓↓
今の犬のしつけでは愛犬を殺してしまうかもしれません!






問題行動の本当の原因とは?

あなたのわんこは、どれくらいの月齢で、
家族の一員になりましたか?

最近、犬の問題行動の多くは、月齢の低いうちに
販売されることで社会適応が出来ないことが原因と
考える専門家も増えてきました。

人や、犬、物音に対して吠える
咬む加減を知らない

などなど、結構思い当たる部分はあるのではないでしょうか?

すべてとは言わないまでも、
社会経験不足と言うのは、思わぬところで、
問題が起こってくるのです。


そんなわんこは、少しずつ慣らしていく必要があるのです。

最初から多くを求めて、
叱ったり、
怒鳴ったり、
そして、お互いにストレスがたまり、
何も解決しない・・・

そんな悪循環を繰り返しているのではないでしょうか?






噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?






犬を褒めることとは?

犬をしつけるときはご褒美として、好きな食べ物を与えたり、
なでてあげるなど愛犬が喜ぶことをしてあげると思います。


では、ご褒美はどんなときに与えていますか?


「もちろん、おりこうにしていたときです。」

と答える人が多いと思います。

しかし、これは、あなたが自覚している場合であって、
実は、無意識にご褒美を与えていることがしばしば見られるのです。


たとえば、
◎出迎えて飛びついてきた愛犬の頭をなでる。

◎散歩の時間だよ。と教えてくれると散歩に出かける。

◎遊んでよ。と持ってきたおもちゃで遊んであげる。

などなど、思い当たる節はありませんか?

これは、無意識に、飛びつき、吠え癖に対してご褒美を与えているのです。

そして、そのご褒美をもらって喜んで期待にこたえている愛犬を
あなたは叱ったりしていることもあるのです。


愛犬が要求してくることや、喜ぶことは、
何かあなたの言うことを聞いたとき(オスワリなど)に
与えるようにしましょう。







噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?




ピンポン吠えで困っていますか?

「ピンポ〜ン♪」

と玄関のチャイムが鳴ると、愛犬が必死で吠えて、
玄関まで出迎えます。

お客さんはびっくりするし、近所の迷惑にもなるし、
困っている・・・・


こんな方は結構多いですよね。


でも、そういう人に限って、
愛犬がチャイムに反応して吠えると、

「こら、だめでしょ。」
「うるさい、静かにしなさい!」

と声をかけてあげているのです。

犬はますます大喜びで、はりきってしまいます。


愛犬は、チャイムの音と、あなたの声に反応して
吠えているだけなのに、なぜか迷惑がられているのです。


そして、チャイム吠えで悩んでいる方の大半が
家の中で放し飼いをされています。

「小さなゲージに入れるなんてかわいそう・・・」

そう思われている方も多いようですが、
犬は自分が安全で安心していられるスペースが
欲しいのです。

そのスペースがないということは、
家全体が自分のスペースになり、
チャイムが鳴ると、誰が来たんだ!?
と警戒して余計に吠えるようになるのです。

愛犬にとって何が「かわいそう」なことなのか
今一度考えてみてくださいね。





噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?




子犬が家にやってきたとき

「いよいよ、待ちに待った子犬が家にやってきました!」

ってとき、あなたはどのように子犬を迎えますか?

家族全員が子犬を取り囲み、注目します。
そして、鼻をクンクンするだけで、

「おしっこがしたいのかも・・・。」
「いや、水が欲しいのかも・・・。」

と必死で何を求めているのかを探ります。


でも、ちょっと待ってください。

子犬があなたの家にやってくるのはおそらく
人間の子供にしたら、2歳くらいなのです。

母や兄弟から離れて、一人ぼっちで寂しさでいっぱいです。
いきなり知らない人に囲まれて、
あーでもない、こーでもないと
いじりまくられたら、どうなるでしょう?

そして、子犬にとって一番大切な睡眠を妨害され、
ストレスもかなりたまることでしょう。

そしてついには、触られることを拒否するようになるのです。
牙をむくことで、あなたの手を遠ざけることが出来ると言うことに
気づいたとき、愛犬はどうなっていくと思いますか?

子犬が家にやってきたら、
まず、かまわないようにしましょう。
一人ぼっちでいる時間に慣れなければなりません。

待ちに待った、かわいい子犬です。
かまいたい、触りたい気持ちは、
よくわかるのですが・・・。






噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?