子犬のあま咬み

子犬はやたらと人の手などを咬んできます。
歯がとがっているので、とても痛いですよね。

子犬は兄弟同士のじゃれあいの中で、咬んでもよい強さを
学んでいきます。

人の手をじゃれる相手として、咬んでくる子犬の姿は
かなりかわいかったりします。

そして、ついつい、

「歯がかゆいから仕方ないよね。」

と言って、放置する人も中にはいるのではないでしょうか?

あま咬みは本咬みに変化していきます。
というのは、どの強さで咬んでいいのかを学習しないうちに
成長していくのですから、
当然と言えば、当然なのです。

犬は、立派な犬歯を持っています。
本能的に咬むことが備わっています。
全く咬まない犬にすることはまず、不可能なのです。

いつ咬んでもよいのか、
どんな強さで咬んだらいいのか

それを学習する必要があるのです。
兄弟同士で噛み付きあうという行動は
子犬にとってはとても大切なのです。

そして、かわいいからと言ってついつい
あま咬みを許すことは、本咬みにつながるのです。

では、どのようにして止めさせたらよいのか・・・

それはまた今度の記事で詳しく書いてみたいと
思います。






噛んだり、吠えたり・・愛犬のことで悩んでいませんか?
愛犬が家族に噛みついて不安になっていませんか?
どうも、しつけがうまくいかないと思ったらクリック♪
↓↓↓↓
噛む犬を重点的にしつけてきたトレーナーのしつけ法とは?


wankofan at 17:28│clip!